【感想】一日中、「僕はどんな赤ちゃんだったのかな?」とか「赤ちゃん人形抱っこしたら、重かったんだよ」など、子どもたちがたくさん担任に話してくれました。

こんにちは!助産師みやざきじゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

先月、「命について考える日」に声をかけていただき、発達支援級の1〜6年生の子どもたちにお話の機会をいただきました。

20分の短い時間でしたので、内容にも限界はありましたが、子どもたちも集中して聞いてくれていたように感じました。

先生方から、ご感想をいただきました。
許可をいただけたので、ご紹介します。

支援級のお便りでも、丁寧にご紹介していただき、紙面でもいただきました。
本当にありがとうございます。

  「命を考える日」の感想

3点自由記載でお願いしました。

  ① 率直なご感想を聞かせてください。

・生命の誕生の話を通して、いのちの大切さについて考え、感じる良い機会になりました。
・デリケートゾーンの話は、日頃の子ども達の生活の様子から指導が必要と思っていた事なのでタイムリーでした。
・いいお話でした。
・パソコンのプレゼンや音の紹介、赤ちゃん人形など子どもたちを惹きつけるものがあり、とてもよかった。
・話し方も子どもの聞こうとする気持ちを高めていた。
・子どもたちが集中して聴けるくらいにとても素敵なお話でした。
・わかりやすい言葉に噛み砕いて、説明してくださっていたり、実物や実際の音声があったりして、子どもたちとってわかりやすい工夫がたくさんでした。
・温かい雰囲気、温かなプレゼンの色や文字や写真で穏やかに話を聴けた。
・時々見せてくださった人形や聴かせていただいた「音」が効果的だった
・プライベートゾーンまで話してもらえ、ありがたかった

学校の先生のように、日常的に子どもたちの発達を考えて伝えるという分野では全く専門家ではないけど、助産師じゅんこだから届けられるよう意識しました。

子どもたちに伝える専門家の先生方の前でドキドキしましたが、助産師じゅんこにとっては当たり前の人形や「音」も新鮮に捉えていただけることも嬉しく思います。

② 講座中や、前後の子どもたちの変化があれば聞かせてください。

・真剣に話を聞くことができていたと思います。
・一日中、「僕はどんな赤ちゃんだったのかな?」とか「赤ちゃん人形抱っこしたら、重かったんだよ」など、子どもたちがたくさん担任に話してくれました。
・普段、なかなか落ち着いて話を聞けない子も、興味を持って真剣に聞く姿が見られました。
・落ち着いて聞いていた
・1年生でも、いのちの大切さや自分を大切にすることをよく理解していました。
・飽きることなく、興味を持って話を聴いている子がとても多かった。
・小さい命から見せてもらい、あんなに小さかった自分が今、こんなに大きくなったんだと実感できた子がいた。
・クラスで、メダカを飼おう!と卵から帰ったばかりのメダカを話を聴いた日から飼い出した。人間の命とメダカの命の違いも気付いた子がいる(メダカはたくさんの卵をうむが、生き残れる数は少ない、と)
・子どもたちにとって、大変貴重な機会となりました。

1〜6年生と幅が広く、敏感な子どもちゃんもいると伺っていましたが、どの子の目も真剣に聴いてくれているのは、助産師じゅんこにも、伝わってきました。

「みんなに会えて、みんなの前でお話できることが嬉しい」と、気持ちを伝えた時、ちょっと胸に込み上げるものがありました。それだけ、真剣に聴いてくれて、子供達と日常を過ごす先生方が見ての変化も聞かせていただけて、「あ〜よかった!」とホッとしました。

③ ご要望ご意見をお願いします

・別の視点でお話いただけるようでしたら、またお話を伺ってみたいと思いました。
・ありがとうございました。自分の出産を思い出し、じ〜んとしてしまいました。「生きているだけで幸せ!」「生まれてきてくれただけで幸せ!」あの時の気持ちに戻ってみると、なんでも穏やかに感じられます。「子どもたち、毎日元気に登校してくれてありがとう。いつも素敵な笑顔とありがとう。」この気持ちを子どもたちに届けています。

いのちの話は、ほんとにいろんな視点でアプローチできますね。
学校の先生では伝えづらい、伝えきれない時、外部講師という形で連携して、子どもたちに伝えられる機会が増えてくると、いいよなあと常々思っています。

お忙しい中、アンケートに答えてくださり、心から感謝いたします。

幼稚園や学校からのご依頼も、お受けしています。
テーマもご要望に応じて、提案させていただきます!

ライン
テーマは未定ですが、「大人も学ぼう!性教育」開催日時だけお伝えしておきます

●9/9(木)
●9/28(火)
●10/8(金)
●10/19(火)
で予定しています!

この日にこのテーマで!ってのがあれば、そんなご意見もお待ちしています。

ライン

一人一人が手洗いうがいを丁寧に行い、3蜜の回避(密閉・密集・密接)での感染予防をして行きましょう。ではでは、また。

 

申し込み

ママとベビーの伴走者
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子