【開催報告】大人も学ぼう!性教育〜性器タッチ(性器いじり)

こんにちは!助産師みやざきじゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

梅雨入りが早かったけど、思いのほか雨があまり降らず過ごす日が続いていましたが、梅雨らしい予報になってきました。

 

  大人も学ぼう!性教育

「大人も学ぼう!性教育」〜性器タッチ(性器いじり)をテーマに開催しました。

参加者様同士での対話も大切にしています。その対話こそ、とっても有意義なものとなっています。

今回は、前日キャンセルの連絡が続き、私とマンツーマンでの開催になりました。

それでも、いろんな話をし、包括的性教育は、いろんなアプローチで体に染み込んでくるのではないかと感じています。

  性 器タッチ(性器いじり)

「え〜〜〜、女の子でもあるんですか?」とびっくりされていました。

女のでも、男の子でも変わりはありません。

「どうやめさせたらいい?」
「どう受け止めればいいですか?」

というようなことをよく聞かれます。


乳幼児期の性的な発達段階において、フロイトの精神性的発達理論が一つの参考にして考えてみました。

性的発達段階として、「うんち」「おしり」「ちんちん」「おっぱい」などの言葉を連呼したり、とても自然なこと。
なんら問題はありません。

また、自分の性器を触れることも、身体的にも、心理的にも、医学的にも何ら問題はありません。

3ヶ月くらいで、自分の手の存在に気づき、ニコニコ笑っている。
みているこちらも微笑ましく、成長を喜んだ記憶ありませんか?

成長して、自分の身体を探索し、性器に気づく。
発見した子どもが、嬉しそう。

だけど、大人は正気というところで、何だかモヤモヤと心がざわつきます。

「どうしたら辞めさせることができますか?」というような気持ちになり、不快感を持ってしまうこともあるんですね。

やはり、大人たちが成長する過程で、性器に対しての嫌悪感や羞恥心があるからでしょう。

性器は、大切な場所。

そもそも、自分の身体で触ってはいけない場所なんてないはずですから!

ちょっとルールを伝える事もお勧めします。

●清潔な手で、優しく触れようね
●一人っきりの場所でしようね

小さい頃からの日々の暮らしの中の積み重ねで、子どもたちの性の土台はできています。

性器タッチ(性器いじり)も、性を大切に肯定的に伝えるか、抑圧的な罪悪視する禁止のメッセージを伝えるか・・・。

子どもの価値観にとても大きな影響がありますね。

思春期以降のお話もしました。

私と二人の講座でしたが、ご参加心からありがとうございました!

秋以降、また同じテーマでもやっていまします。お待ちくださいね。

 

ライン

●6月25日(金)「第2次性徴」
●7月5日(火)「性犯罪・性暴力」
●7月9日(金)「交際学〜出会いと別れ〜」

をテーマに、大人たちで学びましょう。

ライン

 

一人一人が手洗いうがいを丁寧に行い、3蜜の回避(密閉・密集・密接)での感染予防をして行きましょう。ではでは、また。

 

申し込み

ママとベビーの伴走者
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子