ジェンダーの価値観は、小さい頃からの積み重ね

こんにちは!助産師みやざきじゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

幼稚園とは違う「学校」という環境に、戸惑っているようです。
朝もグダグダしながら、準備。

毎日、小学1年生の娘を小学校まで付き添っています。母さんもお散歩。
娘が私の手をぎゅっと繋いで、「まだ一緒にいて!」の心の声が聞こえます。
小学校の最後の30メートルくらいのところで、手を離し、手を振っていく娘。

私にゆとりがあるので、付き添いも受け入れられる。
お母さんがゆったりしているって、ほんとに平和だ。

母さんの気分で振り回しちゃっていることも多く、ごめんです。

帰りは、「もうおうちで待ってていいよ」と出かけていきました。

  ジェンダーからはじめる性教育

ライン

 4/20(火)10:00-11:30 
あいホール 304号室

『大人も学ぼう!性教育』
4月テーマ【ジェンダー】

ライン

まだ、参加者お待ちしています。
動画の視聴期限が過ぎていますが、ポイントはお話ししますので、興味ある方は視聴の有無を気にせずご参加くださいね!

【ジェンダーの価値観】

これは、本当に小さい時からの積み重ね。

男らしさ、女らしさ。
男の子なんだから、女の子なんだから。
男の子なのに。女の子なのに。

この言葉に、嫌な思いしたご経験ありませんか?

子育ての中で、この言葉、子どもたちに浴びさせていませんか?

お母さんやお父さん、ご家族の日常生活にもジェンダーは隣り合わせです。
家庭で見せる保護者の姿。

これがジェンダーの価値観を作っていきます。

無意識に、気づかないうちに、子ども達を苦しめていませんか?
無意識って、一番怖いことですよね。

ジェンダーから性教育を、一緒に考えてみませんか?

コロナ禍でありながら、現在4名の参加者様がいます。
本当にありがとうございます。

乳幼児から中学生のお子様がいる大人が集まります。
幅広く、おしゃべりできそうです楽しみです。

まだ、ご参加お待ちしています。

 

一人一人が手洗いうがいを丁寧に行い、3蜜の回避(密閉・密集・密接)での感染予防をして行きましょう。ではでは、また。

 

申し込み

ママとベビーの伴走者
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子