入園控えているのに、思うように授乳回数が減っていかない。

こんにちは!助産師みやざきじゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

今日は3月9日。サンキューの日。
いつもありがとうございます❤︎

4月入園を控えている親子さん。
ドキドキしますよね。この時期の相談が多いものの一つ、母乳育児をどうするか。

続けるのか、卒乳するか。。。決まりましたか?
いざ動き出すとうまくいかない・・・。
よくあることです。

入園控えているのに、思うように授乳回数が減っていかない。

授乳は、とても個人的なことで、親子それぞれです。

今の月齢、授乳回数、時間。母乳の量。

ほんとそれぞれなんだけど、4月入園を控えている親子さんは、なんとか回数を減らそうと頑張っている方も多いでしょう。

でも、思うように減らない。

焦りますよね〜。焦るよね・・・。どうしよう。

小さな人は、なかなか手強く、賢いっ^^

結論から言いますと、
まあ、なんとかなります!大丈夫。


ママの焦りは、こどもちゃんに伝わります。
すると、こどもちゃんは不安になって、よりおっぱいに執着することがあります。
回数が減るどころか増えて・・・、さらに焦っちゃう。

もう、うまくいかない負のスパイラルにハマっていきます。

もう呆然・・・。

「あっ、まさにそれ〜〜〜〜〜!!」というあなた!

一旦、深呼吸してみましょう。

なんとかなりますよ。
大丈夫、大丈夫。

小さな人と戦わず、気持ちを切り替えてちゃうのもあり!
ありですよ〜〜〜〜^^

気持ちを切り替えて、思う存分、こどもちゃんの要求に応えて、残りの授乳時間を楽しんじゃいましょう!

回数が減らないと卒乳が不可能なわけではないです。

回数が多い状態で卒乳すると、ママのおっぱいの張りが強くなって、ケアが必要になることが多いかも知れません。そのケアも、無理のない範囲で、ゆったりとすることも可能です。

こどもちゃんは、保育園に通いながら、適応していきます。

自宅で、大好きなママと一緒にいれば、おっぱいを求めてくるけど、離れれば、順応します。
子供を信じてみましょう。

預ける保育園の先生も信じて頼って、力をお借りしましょう。

ほんとに、何とでもなりますよ。

おっぱいのことは、助産師じゅんこがお手伝いできますよ。
一人で焦って抱え込まないで、ご相談くださいね。

一人一人が手洗いうがいを丁寧に行い、3蜜の回避(密閉・密集・密接)での感染予防をして行きましょう。ではでは、また。

 

申し込み

ママとベビーの伴走者
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子