息子の発表会

こんにちは!助産師みやざきじゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

 
週末、久々に息子の音楽教室の発表会がありました。
今日は、単なる、じゅんこ日記です(笑)
 
高校生が企画し、裏方も自分たちで行うステージ。
 
いや〜、生の発表会は、空気が揺れて、素晴らしい空間。

久々の発表会で、胸熱です。
すごい!ほんとにすごい!
 
小学6年の息子は、いろんな曲を弾いていきたいタイプだけど、この半年も同じ曲をひたすら練習。

頑張った!気分が乗らない日もたくさんあったけど、母として余計なことを何度も言ったけど、よく頑張った。

さらに裏方仕事として、舞台に必要な音響を経験したり。

これほどにまで、高校生や中学生の先輩の姿を見て、学び、感じて、自らできることをする。

私の人生の中であっただろうか。
正直、羨ましい。
 
特に5月に入ってからは、通常のレッスン時間外にも、かなりの時間を教室で過ごしていた。

今は、一つのものを作り上げることで、「やり切った」という達成感と心地よい疲労感があるようです。

とても楽しいようで、妹たちにも「もう一度やればいいのに」とすすめてた。
 
息子は感情を表に出すタイプではないようだけど、本当に私の想像の遥か上をいく素敵な経験をしたことだろう。

息子の頑張る姿、高校生、中学生、小学5、6年生の子供たち。
若い子たちのパワーに、ほんとに感動した。
 
子どもたち、若い子たちからほんとに純粋で無垢な、とっても綺麗な気持ちが反映されていた発表会。
 
若いって、ほんとにいいなあ。
そこにいるときは、いろいろ苦しいこともあるだろうけど、経験した大人として、子どもたちを応援したい。
 
先生が掲げる「生きる力」。
息子よ、これからもいろんなことに挑戦しておくれ〜。

で、息子は、次の目標に向かって動き出すが…。
力試しにて、撃沈。悔し涙を流していた。

がんばれ!
君なら出来る!きっと出来るよ。

一人一人が手洗いうがいを丁寧に行い、3蜜の回避(密閉・密集・密接)での感染予防をして行きましょう。ではでは、また。

 

申し込み

ママとベビーの伴走者
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子