「思春期保健相談士」認定証が届きました!

こんにちは!助産師みやざきじゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

昨年度、たくさんのオンライン研修に参加させてもらいました。

「思春期保健相談士」のお勉強もしました。
何度か気になりながらも、タイミングも合わず。

お値段的にも時間的にも、ハードでして。
すごくすごく迷いながらの受講でした。

オンラインということも後押しとなって、思い切って、投資しちゃいました!

 

  思春期保健相談士

助産師じゅんこの中では、あまり資格というものには興味がないのです。
学んだ先に、資格があるといったらいいのかな。

興味あることを学んだ延長に「思春期保健相談士」というものがありました。

この資格を取ったから、講座の参加料金をあげるわけでもないです。

ただ、「包括的性教育」を目指すときには、ほんとにに自分の引き出しが増えている事は確信できています。

ママや大人たち、また子どもたちに届けられる情報が格段に増えました。

助産師をいう範囲での学びを超えて、泌尿器科の医師からの男性のことの学び、メディアの専門家からねっとやSNSを介した性暴力の現状、精神科の専門家から思春期と自傷や自殺、小児科医から思春期の生活習慣病、産婦人科医の若年妊娠・性病などなど、教育の専門家や弁護士さんなど様々な専門家が思春期という時期に抱える事例の講義をいただきました。

思春期を、ガッツリ学びました。
子どもたちを取り巻く問題や、現状は、待ったなしです。

小さい子供のように、目をかけ手をかけの時期ではないけど、子供たちが苦しんでいます。
そんな子どもたちの力になれる大人でありたい。

身近なおばちゃん。手を広げて、包み込める近所のおばちゃんになりたい。

あなたは、思春期、苦しかった経験ありませんか?

10年、20年単位での関わりの中で、育まれていくもの。

今回の学びが、助産師じゅんこの引き出しを増やし、苦しんでいる子どもたちの力になれたらいいな。
もちろん、大人自身も苦しんでいると思うので、一緒に考えていきましょう。

最後のライブでの配信受講は、初めはお仕事入っていたのですが、ほんとに無理を言ったのに、快く受け入れてくださり、変更にご協力いただき、ありがとうごございます。

「こんな、お勉強したよー」というご報告でした^^

多分、マンツーマンに近い形での開催になりそうです。
あなたのご参加お待ちしています。

事前と動画の視聴は気にしなくても、一緒に考えましょう。

一人一人が手洗いうがいを丁寧に行い、3蜜の回避(密閉・密集・密接)での感染予防をして行きましょう。ではでは、また。

 

申し込み

ママとベビーの伴走者
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子