「同意」をテーマの講座の感想を一挙ご紹介

こんにちは!助産師みやざきじゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

なんか毎日、バタバタしております。
書きたいことがふと思いつくのですが、なかなかPCに向かい合うことができない〜〜〜。

でもでも、参加してくださった方からのご感想は、とってもありがたく素敵な言葉がいっぱい。
本当にありがとうございま〜す!

溜め込んでしまっているので、まとめてご紹介させていただきます。

  参加者様からのご感想

5月18日に開催した、「大人も学ぼう!性教育」。
「同意」をテーマに開催しました!

 自分自身が否定されたことではないとわかったら、以前よりNOと言いやすいと感じられ、気持ちも楽になりました。

1.一番印象に残ったことは何ですか?

小さいころから同意の練習が大切で、嫌だと言う気持ちを大事にしてよいし、NOと言っていいこと、NOを受け入れる練習も大事ということです。

人種としても日本人は自分の意見を言うことが苦手で、私の中でもNOということ自体あまり良くないイメージがありました。だからNOと言われることにも慣れていないし、言われたら自分そのものを否定された気持ちになってしまいます。

でも、NOという気持ちも大事にしていいこと、NOと言われてもそれはあくまでその言動であって、自分自身が否定されたことではないとわかったら、以前よりNOと言いやすいと感じられ、気持ちも楽になりました!

2.講座全体のご感想・ご意見をお聞かせください。

小さくてもこどものうちから自分のことを自分で決めることが大事で、それが自分の境界線を決めることにつながるのだと知りました。

こども自身に選択、決定させていたつもりですが、無意識に親が誘導させていた時もあったかもしれないと感じました。

今後、紹介していただいた絵本を購入してこどもと一緒に読んで、家庭内で実践していきたいです。

また、日本の性教育は道徳的教育が多いと知ったので、今後科学的に伝える教育に変わっていったら良いなと感じました。

いつも新たな発見があるので会が終わった後は自分の中でテンションがとても上がっています。自分の興味があること、知らないことを学ぶ、知る楽しみも感じました。

最後に性教育は人権教育であること、ありのままのあなたで大丈夫、誰よりも自分のことを大切にしていいよ、というメッセージは自分自身にも毎回響くので大事にして家族はもちろん、周りにも伝えていきたいと思いました。

3.もし、この講座をおすすめするとするなら、どんな人に勧めたいですか?理由もお聞かせてください。

生きていく上で非常に大切なことばかりだったので、自分の母親や友人におすすめしたいです。でも、本当は全ての人が知っていてほしいと思いました。


ありがとうございます。

「NO」は言いにくいし、言われ慣れていませんね。
とってもよくわかります。「NO」が言えなくて、苦しんでいる人がどれだけいるのでしょう。

子どもにも、親子であっても、「NO」は言っていいし、「NO」と自分が感じたり、相手が感じるその気持ちは、何よりも最優先にしたい感情であることも伝えていきたいですね。

みんなの共通認識になっていくといいですね。

  グループディスカッションもあり、話しやすく、とても、わかりやすくいい会でした。

1.一番印象に残ったことは何ですか?

NOと、言いにくい。自分もそうですが、日本の文化も背景にあると思いますが…NOと言えるように子供達に伝えていかないと。と思いました。

2.講座全体のご感想・ご意見をお聞かせください。

グループディスカッションもあり、話しやすく、とても、わかりやすくいい会でした。

3.もし、この講座をおすすめするとするなら、どんな人に勧めたいですか?理由もお聞かせてください。

同じ子供を持つママとも、小さいお子さんをもつ親に知らせたいです。

 

ありがとうございます。

ほんとにほんとに、NOって言いにくい文化・社会があったりしますね。

ここで一歩立ち止まって、お母さんご自身も自分がどうしたいか、自分を大切にできているかを振り返り、我が子の前でも、お母さんが自分を大切にしている姿を見せることも大事ですね。

子どもは、よく見て、真似しますし。
いくら「自分を大切に」って言葉で伝えても、やはり上っ面の言葉になっていては、子どもには届きませんね。

  実際話を聞いてとても奥深く、日常の中にもたくさんのヒントがあるんだと思いました。

1.一番印象に残ったことは何ですか?

性交同意年齢が13歳ということにびっくりしました。
13歳で判断するのは難しいと思うことと、時代が変わっているにもかかわらず法律が全く
改善されていないことに驚きました。
親がちゃんと教えていくことで子どもを守っていかなければいけないなと改めて思いました。

2.講座全体のご感想・ご意見をお聞かせください。

今回参加して同意とは何か…。とても奥深いものだと思いました。

参加する前は性交の時の同意でどういう内容なのか、とあまり考えず参加しましたが、実際話を聞いてとても奥深く、日常の中にもたくさんのヒントがあるんだと思いました。


NOと言ったら嫌われる、NOと言ってはいけないような雰囲気など思ってモヤモヤしながらYESと言ってしまいがちですが、自分の本当の気持ちを伝えることの大切さは小さいうちから身につけさせていくことが大事なんだと思いました。


今日帰ってから主人にも伝え同意について話し合いました。
子どもを守る行動として一歩踏み出すことができました。

父、母と同じ意識を持って子どもに伝えていけたらなと思います。

講座の雰囲気もよく参加した方のお話もリアルに聞けて良かったです。
とてもわかりやすかったです。
また、友人でも性の話をするのはタブーのような雰囲気もありますが思ったことを言い、考えることができる場があるのはありがたいなと思いました。


ワークをしながら自分の性に対する意識を確認するというか、あっそうだったという思いもありました。
自分もちゃんと知っていたらなと思います。

衝撃的なエロ本を見てしまったことで消化しきれていなかった自分がいたのかもと思いました。
子どもには正しい方法でちゃんとした知識を身につけて欲しいなと思います。

3.もし、この講座をおすすめするとするなら、どんな人に勧めたいですか?理由もお聞かせてください。

幼稚園の気心知れたママ友に薦めたいなと思います。同じくらいの子供を持って同じように子どもを大切にしている方にはぜひ聞いてもらいたい内容だと思ったからです。

4.今後、聞きたい「テーマ」があればリクエストください。

私の中でまだ大きな括りの中の性教育なのでひとつひとつ詳しく知りたいと思います。
どのように伝えるか、
男親と娘との関係性なども知りたいと思います。

ちょっとした気づきですが、大人も自分の気持ちを話して受け入れてもらった時には安心感を得ることができるので子どもにもちゃんと気持ちを受け入れて安心感を与えたいと思いました。

ありがとうございました。

 

ありがとうございます。
ご夫婦で早速、お話ができたということが、とても素敵です。

そうなんですよね。
ワークをすることで、人の意見や考えを聞くことで、自分の性の価値観を改めて感じることもありますね。

「う〜ん、なるほどね。」と受け入れて、新たな発見は、いいなと思うことは、取り入れていくのもいいですよね。

小さいことから、日常にできること、たくさんあります。

これからも、一緒に考え深められたら、仲間ができたら、助産師じゅんこも嬉しいです。 

  自分自身あまり、意識してこなかったなと思いましたし、無知だなと感じました。

1.一番印象に残ったことは何ですか?

性教育というものを、あまり勉強する機会がないということです。
それでいいのかな?と思いました。

2.講座全体のご感想・ご意見をお聞かせください。

自分自身あまり、意識してこなかったなと思いましたし、無知だなと感じました。

何となくとても大切にしなくてはいけないことなはずなのに、なぜなのか?と感じました。

子供といえど、一人の人間、大人のように接していくことが大事かなとも思いました。


同意というのも、少しずつですが、無理ない程度に意識したほうがよいのだなと思いました。

自分を大切にする、とても大事なことですね。

ただ、いつもできるわけではないなと思ったのも
本当で、出来ないと責めてしまいそうな自分がいるなとも思いました。
心がける所からしようかなと思います。

3.もし、この講座をおすすめするとするなら、どんな人に勧めたいですか?理由もお聞かせてください。

特に子供をもつ世代の友人です。
とても、大事なことかなと思います。
子供がいる、いないは関係ないのかもしれないかなとも思います。

4.今後、聞きたい「テーマ」があればリクエストください。
 
性犯罪にまきこまれないためには、どうすればよいか?
何を心がければよいのか?
もし、起きたとき、親としてどうすればよいのか?

性教育のはじめの伝え方は、何から言えばいいのか?同意からなのか?と思いました。
長々失礼しました。
よろしくお願い致します。

 

初めてのご参加、ありがとうございます。

そう!とても大事なことなんだけど、学んでないんですよね。

日本の文化で、「相手を大切に!」とか「自分がされたらどう思うか考えて」とかありますね。
他人にどう思われるかを気にしちゃうこともありますね。

できないと自分を責めちゃう気持ち。
うんうん、なんかわかります。

でも、そんな時も、そう思う自分のことも「うんうん、私はそう感じ手苦しいんだね」とあなたを大切にギュッと抱きしめてみてくださいね。

そのまんまのあなたでいんだよ。

  道徳的な教育だけだと、自分を責め込み、自分を傷つけたり、また自分の場合でなくても、道徳を貫こうとすると、その人を傷つける事がある。

1.一番印象に残ったことは何ですか?
 
バウンダリーと同意。
はっきりわからない時はノー。と言っていい。
「
やめて」、は一度しか言わせない。など。
性的同意年齢

とても大事な話しでした。

娘に伝えたいです。
固まって動けないは、抵抗しなかった事になる。

絶対に知らせて起きたいです。
 
2.講座全体のご感想・ご意見をお聞かせください。

具体的な受け答えを教えてもらえるのは有難いです。

どう話すか、どのタイミングか、切り口は何か?

突然に、性教育の話は出来ないで、言い方を教えてもらえるのはありがたいです。

性教育、妊娠など、道徳的な教育だけだと、自分を責め込み、自分を傷つけたり、また自分の場合でなくても、道徳を貫こうとすると、その人を傷つける事がある。

それは私も時々疑問に思ってきました。

話はズレますが、
母の日、疑問です。

感謝の気持ちを伝える、感謝を形にと何かプレゼントする、それをFacebookなどにアップする。

話がどんどんズレていますが、感謝をする側が母の日に対し何かプレッシャーを感じ、世間と比べられた時、何も贈らない私は道徳的に良くない娘なのか…のような感情がわきます。

普段から手紙や贈り物はしています。自分がしたい時に。

と言うことで、周りに合わさなくてもいい、相手に流されなくていい、自分はどうなのか、ノーサンキューは言ってもいい、母の日に娘たちが私に何もしないからと言って、娘たちも悪気を感じなくていい。

私はしてもらわなくてもいいタイプなど、
講座を通じて、娘たちには自分の気持ちを伝えられて良かったです。
今までは伝えなかったし、無理矢理驚いたり、喜んだりしていました。

今回の講座から話が離れてスミマセン。

3.もし、この講座をおすすめするとするなら、どんな人に勧めたいですか?理由もお聞かせてください。

思春期のお子さん、思春期に入るまでのお子さんをお持ちの方。
そして、普段の会話の中で興味がありそうな方。
自分の本心を見つめ直せる事もおすすめしたいです。

 

ありがとうございます。

ほんとにそうですね。すごく大切な気づきですね。

道徳的な教育ももちろん必要ですが、「だめ!絶対にダメ!」というなどの禁止は、もし思いがけずその行動をした場合に苦しくなるのは、想像できます。

「母の日」の後だったので、話題にさせてもらいました。
親に感謝するもしないも、自分次第。ほんとにそうですね。


いや〜〜、皆さんの感想を読むと、深い。
私も、いろいろ考えるチャンスを頂いています。ありがとうございます。

今後も仲間として、一緒に考えられたら嬉しいです。


ライン

6月15日(火)「性器タッチ(性器いじり)」
6月25日(金)「第2次性徴」

をテーマに、大人たちで学びましょう。

ライン

 

一人一人が手洗いうがいを丁寧に行い、3蜜の回避(密閉・密集・密接)での感染予防をして行きましょう。ではでは、また。

 

申し込み

ママとベビーの伴走者
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子