ゆ〜っくり卒乳へ誘導していこう、と私のエンジンかかりました。

こんにちは!助産師の宮﨑順子です。
(緑の文字をクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

卒乳のおっぱい教室に参加いただいたK様から、クラスに参加してのメッセージをいただきました。

なんだか大変そうで先延ばしにしていた卒(断)乳、まずは夜の寝かしつけから整えていこうと思います。ゆ〜っくり卒乳へ誘導していこう、と私のエンジンかかりました。
あと私の食事制限が必要なこと!聞けて良かったです。

 

お子さんのHくんは、1歳9カ月。まだまだ一日に何度か授乳している様です。

お子様が今どれくらい飲んでいるか、そして月齢によってもほんとに進め方は十人十色です。

計画的卒乳(言い聞かせ卒乳)に向けて、H君と向き合っていってくださいね~。

ここまで母乳育児を堪能してきたので、エンジンかけても、スピードを出しすぎないで、無理せず進めていってくださいね~。

焦らずゆっくり進めるのが、結果的にすんなりいくことが多いですよ。

Hくんの授乳回数や生活を整えるのも大切にしつつ、でもコントロールしようとすると、思うようにはいかないので(^_^;)。

回数が減らなかった時にも、少しでもお母さんのおっぱいへの負担が減るように、食事など気を付けたり、お母さん自身の生活を整えたり、できることも取り入れていってみてくださいね。

ほんと~に子どもちゃんはお母さんの変化に敏感です。

HくんとK様が、しあわせに卒乳を迎えられるように願っています(≧▽≦)

希望

助産師じゅんこが伝える卒乳のおっぱい教室、7月予定です。まもなくお知らせします。

ぜひ次はあなたも、卒乳を丁寧に向き合う心の準備を始めませんか?

浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子