「ひとごとではない…。 」そんな風に心の中で思ったお母さん、いるのではないでしょうか?

こんにちは!助産師の宮﨑順子です。
(緑の文字をクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

母親が、2歳児を自宅マンション5階から落とす。
父親の制止を振り切って…。

とってもとっても、ショッキングで、悲しすぎるニュース。

悲しくて、涙が出ます。

このような事件が起きるたびに、【産後うつ】という言葉がでますね。

今回のケースでは、
虐待が日常的にあったのでもなく。
突発的な行動とのこと。

ひとごとではない…。
そんな風に心の中で思ったお母さん、いるのではないでしょうか?

表向きには、私は子育ての支援者です。

が、主な役割として、日常生活の大部分が母親。

子どもに振り回され、イライラもするし、大きな声で子どもたちに向かうこともあります。

虐待、そこには身体的だけでなく精神的なものも含めると、常に隣り合わせ。
紙一重のところにいるのです。

気持ちのコントロール。
ギリギリのところで、とどまっている…。
そんなときが、正直あります。

子どもたちがもっと小さかったころは、今よりももっともっと、ぎりぎりのところにいて、ひとり夜中に泣いたこともある。

子どもに対する自分の行動。
おおきな声をあげることさえも、言葉の暴力、精神的虐待なんじゃないか…。

母親としての不甲斐なさ。
余裕のない自分。
情けない自分。

どんどん負のスパイラルにはまっていった日もありました。

ほんとに他人ごとではない。

ちょっとだけ…。
ほんのちょっとだけ、まだ理性が勝っているだけ。

どうしたら、このような悲しいニュースが減るんだろう。

核家族化・出産年齢の高齢化。
いろんな時代背景に合わせて、もっともっとサポート体制が整うこと。

わたしにできるサポートは、お母さんのそばにいる存在であること。

まだまだ、未熟でちっちゃな力しかないけど、できることをしていこう!!。

【産後うつ】
これは、専門家の治療が必要です。

「今思えば、私も産後うつだったかもしれない」
そんな風に言うお母さんも多いです。

気分の浮き沈みは、だれしもあると思うんですね。

女性は、産後だけでなく、普段からありませんか?
特に産後に多いのは、事実です。

【産後うつ】は、精神科医の診断が必要なのです。
きちんと専門家のアドバイスの元、治療していく疾患です!

【産後うつ】の疾患が、言葉だけが気軽に使えるような疾患にならないように。
軽く考えられてしまいませんように。

◆募集中のクラスのご案内◆

5/10(木)ベビーマッサージ教室
5/15(火)ベビーサインひろば
5/16(水)口唇口蓋裂ちゃんのサークル
5/17(木)お産を語る会
5/24(木)ベビーマッサージ教室

 

申し込み

ママとベビーの【ほっこり安心できる居場所】
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子