医療の発達で、胎児の疾患を先に知れることって、良し悪しだなぁ…と思う毎日です

こんにちは!助産師の宮﨑順子です。
(緑の文字をクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

私が最も身近にかかわっている疾患の一つが、口唇口蓋裂。

医療の進歩で、妊娠の早い段階で告知も少なからずある。

医療の発達で、胎児の疾患を先に知れることって、良し悪しだなぁ…と思う毎日です。

 

出会った女性は、苦しんでいました。

長い長いトンネルの中を、気持ちが上がったり下がったりを何度も繰り返しながら。

告知の時期によっては、本当に女性の貴重な妊娠生活を苦しいだけのものにしかねません。

赤ちゃん

事実、私も20週という早い段階での告知。

本当に本当に!
苦しく、長いマタニティライフでした…。

もちろん、心臓やほかの臓器の疾患の合併症があるときは例外です。

口唇口蓋裂のみの場合、妊娠中にそれ以上の検査はありません。

ただただ生まれてくるのを待つのみ。

生まれてみなければ程度はわからないんです。

あまりに早い段階での告知は、母のマタニティーライフを苦しいものにするだけ。

もちろんね、
疾患のある子供を迎える心の準備と覚悟が決まるという利点。

私の転院先の担当医は、健診のたびに言いました。

「僕だったら、まだ言いません。せいぜい32~34週ごろかなあ。生まれるまでに1か月あれば、一度ガクッて気持ちが下がっても、お母さんは強くなって、お産を迎えることができるから。準備は1か月で十分。」

この先生の言葉ホントに「そうだなー」って。

早くに告知されたって、できることはない。

気持ちが上がっても、また下がってしまう。

大波小波を繰り返すだけ。

医療の進歩によって、事前にわかることは悪いことではありません。

ただ、女性や家族にもっともっと寄り添う必要があるなあと感じます。

毎月、私にできるサポートをしています。一人で苦しまないでね!!

申し込み

ママとベビーの【ほっこり安心できる居場所】
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子