小さいころから、親子で一緒に性を大切に、そして生を大切に育んでいきませんか?

こんにちは!助産師の宮﨑順子です。
(緑の文字をクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

自宅の一室を使って、母乳相談や育児相談、ベビーマッサージやベビーサインなどのクラスも開催しています。

本日は、朝からHPがトラブルで立ち上がらず…ちょっと気持ちが焦っていましたが、復活です!

よかった、よかった^^

「赤ちゃんってどうやって生まれてくるの?」

5歳未満の80%の子どもがこのような質問をするといわれています。

さて、このように聞かれたら、どこまでどのように答えますか?

子どもの質問はね、ほんとに突然唐突に・・・
やってきますよね~、笑。

このように聞かれたときの答え準備できていますか?

はぐらかしちゃう?
丁寧に伝える?
性のおはなしは、学校で教えてもらう?

幼児期に伝えるには、まだ早いのでしょうか…。

私は、子どもの知りたい!が始まったときこそ、第一弾として丁寧に向き合うのがいいのかなあって思っています。

ごまかせば、子どもはいろんなところから自力で情報を集めるようになります。

誤った情報と正しい情報を分別もできません。

大人だってこのネット社会で、いろんな情報に翻弄されているくらいなのですから。

小さいころから、親子で一緒に性を大切に、そして生を大切に育んでいきませんか?

親子で一緒に聞くことに意味があると思うんです。

学校とは違う、少人数の親子で聴く「いのちのお話」。

ぜひぜひ、わが子が生まれてきたときの気持ちも思い出しつつ、子どもと一緒に感じる時間はいかがですか?

●親子で聴く!助産師が伝えるいのちのお話

小さいうちから自然と「いのちの大切さ」を当たり前に感じることができるといいですね。

「どうやって生まれてくるの?」と疑問が出てきたころから、少しずつ親子で一緒に「いのち」を話し、感じていきませんか?

7月27日(木)10:30-12:00頃
(受付:10:15~)

対象:園児から小学低学年向け

会場:三方原協働センター 和室

定員:8組 残4組

>>>お申込み・お問い合わせはこちら

 

浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子