知らないということが、怖い。悲しすぎます。

6カ月の赤ちゃんが、はちみつが原因で命を落としてしまいました。

あなたは、「1歳まで、はちみつは与えてはいけない」ご存知でしたか?

知らないということが、いのちを落としかねない。

これほど怖いことはありません。

そして悲しすぎます…。

乳児ボツリヌス症

はちみつの中にはボツリヌス菌が混じっています。

まだ未熟な赤ちゃんは、腸でのボツリヌス菌が繁殖し、乳児ボツリヌス症を引きこ起こすことが言われています。

ボツリヌス菌は、熱に強く、加熱しても死滅しません。

最近は砂糖ではなく、はちみつで甘味を使うレシピも増えています。

パンやクッキーにも使われていることがありますので、気にかけてくださいね。

お母さんだけでなく、お父さんや周りのご家族でも、今一度確認をして、情報を共有することをお勧めします。

 

では、母乳育児中のお母さんがはちみつを摂るのも避けるのか…。

母乳育児中のお母さんがはちみつを食べても、菌が母乳中に移行し問題となることはありません。

授乳中でもはちみつを口にしても大丈夫です^^

 

 

信頼できるサイトや育児書、参考書を手にしてほしい

育児は、やはり知る、学ぶ姿勢ってとても大事だなぁ。

赤ちゃんを育てる、子どもをひとり育てるのって、ものすごい責任と覚悟が必要だなと思うんです。

 

知らないことを学ぶのって、知らないことにも気づかないという現実もありますね。

アンテナを張って、情報を得る。

 

ネットなどには、一般のお母さんの離乳食のメニューが載っていたり、やはり便利な世の中です。

何かを勉強するときには、専門家の信頼できるサイトだったり、育児書、参考書を手にしてくださいね。

 

私も、誤った情報をお届けすることがないように心がけています。

ベビー系の教室もたくさんあり、お母さんが笑顔になることはとても素敵なことだと思っています。

でも、私のところに来てくださる方は、私の「助産師」としての専門性を頼ってくださる方が多いです。

 

気を引き締めて、お手伝いしていきます。

 

最後に、

1歳未満の赤ちゃんにはちみつは与えてはいけません。

ぜひ覚えておいてほしいです。

 

ママのぽけっとクラスでは、育児に関する気になるあれこれをお母さんと考えていきます。

●4月14日(金)

●4月25日(火)

お待ちしています。

 

 

にぎにぎCHU助産院 宮﨑順子