いのちの教室に参加しておいてよかったなと思いました。

こんにちは!助産師の宮﨑順子です。
(緑の文字をクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

春休みと夏休みを利用して、「親子で聴く!助産師が伝えるいのちのおはなし」を開催しています。

春に参加いただいたたお母さんから、つい最近メッセージをいただきました。

こんにちは!お久しぶりです^^
来週小学4年生の宿泊訓練があって、それに合わせて、先日女の子だけが集められて初潮の話がありました。
いのちの教室に参加しておいてよかったなと思いました。
生理ショーツなど一式準備して持たせるの、時代は早いですね~。

最近反抗期を迎えたらしく、春休みがちょうどいいタイミングだったようです。

男の子はその間、宿泊訓練のしおり作りをしていたそうです。

 

メッセージありがとうございま~す。

宿泊訓練って、4年生なんですね~!!

あのタイミングで参加してよかったと言ってもらえると、私はやってよかったと素直に喜んでおります(#^^#)

タイミングは、聴きたいなと思った時がタイミングかな。いいタイミングでよかったです^^

それぞれの親子で、そのタイミングは違うでしょうね。

早いとか遅い、難しいとかではなくて、なんか気になる…っていうような気持ちがあるときがタイミングではないでしょうかね、きっと^^

小学校によりますが、1年生のころから少しずついのちのお話に取り組んでいるところもあるそうですが、多くの学校では、まだまだ…というのが現状ではないかと思います。

そのため、4,5年生の宿泊訓練の前に女の子だけ集めて…。

突然、初潮のおはなしをきいたら、子どもの中にはびっくりしちゃったりする子もいるのかな。

なんて想像します。

私は、正直そんな感じだったし、生理用品の使い方とかなんだか事務的なお話だったくらいの記憶しかありません。

あなたはどうでしたか?

大人の体に変化していく過程で、

*いのちってどう育まれるんだろう。
*自分を大切にすることを感じること

そういう機会を持ったうえで、女の子と男の子それぞれにお話が必要かなと感じます。

男の子には、男の子の大人になるにあたって、大切なお話聞く機会ってあるのでしょうかね?

男の子だけ集まって学ぶ機会は、ないのかな?

親子で一緒に聞くことで、性について、生について、ご家庭で一緒に考えるきっかけにもしていただけるといいなあと思います。

幼稚園~低学年向けの親子で聴くいのちのおはなし 残り4家族

7月27日(木)10:30-12:00頃
三方原協働センター 2F和室
親子ペア3000円・3歳以上のお子さま一人につき300円追加

申し込み

浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子