「もし、過去に戻れるなら、いつに戻りたい?」

こんにちは!助産師の宮﨑順子です。
(緑の文字をクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

最近、ふと考えたことがあります。
「もし、過去に戻れるなら、いつに戻りたい?」
私、ちょっと病んでますかね(笑)

そうすると、私の人生においてキーとなっている出来事がよみがえってきます。

あの時こうしていたら、あの時こっちの生き方をしたら…。

私はこれまで、いろんな分かれ道にぶつかり、その都度、選択をして生きてきたんだ。

でも、違う選択をしていたら、今の私は、全く違う人生を歩んでいたんだろうか?

なんて。ふと考えることがあります。

最後は、
「過去は過去で、一生懸命考えて選択してきたはず。
だから、今も一生懸命向き合っていこう!」
にたどり着きます。

子育て中のなかでも、同じように、あの時こうしていたら…。
ということもありますよ。

長男のときは、ほんとに無知で。
なのに、助産師としての、へんなプライドもあって…。

もっともっと先輩助産師さんを頼って、よかったのかもしれない。
素直にわからないことをわからないと言えていたら…。
どうしたらいいのかなって相談出来ていたら。

って、今は思う。

今は、自分でも学んで、その分野のプロの方にも相談しながら、自分の中に落とし込んで、今に至ってます。

知ることは、後悔することにもなるし、「お母さん知らなかったの、ごめんね」となることもたくさんあります。

長男がいたから、知ることができて、今があるんです。
娘2人からも、また新たな学びもあります。

子どもたちにたくさん課題を与えられて、たくさん学ばせてもらって、私は【お母さん】として成長中。

お母さんだからって、みんながはじめから立派なお母さんになれるわけではないんですよね。

お母さんだって、ちゃんとしなきゃいけないんじゃない。
先輩お母さんに、頼ってもいいし、甘えたっていい。

子どもちゃんと一緒に成長していければいいんじゃないかな。

 

申し込み

ママとベビーの【ほっこり安心できる居場所】
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子