おしゃぶりってどうなんでしょうか?

こんにちは!助産師の宮﨑順子です。
(緑の文字をクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

「おしゃぶりってどうなんでしょうか?」

まだ産後1か月のお母さまからのご質問です。

お兄ちゃんお世話やお食事などするとき、おっぱいは飲んだばかりなのに泣いている!!

いろいろとネットで調べてみると、メリットもあるようだけど、ネガティブのことも書いてあったそう。

例えば、乳頭混乱とか母乳分泌量が下がったり、歯並び問題…など。

赤ちゃんが泣くと、【泣く】を解決させたいお気持ち。
ありますよねー。

おしゃぶりは、一時的に【泣く】という課題はクリアするかもしれませんね。

だけど、そもそも赤ちゃんは、なんで泣いているんだろうか???
おしゃぶりで、【泣く】という行為だけを解決するで本当に大丈夫かなあ??

おっぱいを吸わなくなったら?
乳頭混乱を起こすこともあるし、母乳の分泌も下がる可能性があります。

何年も先に歯並びが気になったときに…後悔しない?

2歳3歳になっても、「おしゃぶりが外せない」というお課題が出てくる可能性もあります。
(実際に相談も受けたりします)

母乳育児支援の立場からは、メリットとデメリットを考えた場合、デメリットの方が多く感じています。
なので、おしゃぶりは使わないほうがいいでしょう。

そのために負担が軽くなる方法を、一緒にあれこれ考え、試してみます。

少しでもお悩みが軽くなりますように。

 

申し込み

ママとベビーの【ほっこり安心できる居場所】
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子