男の子も、女の子も、今だから親子で聴ける!

こんにちは!助産師の宮﨑順子です。
(緑の文字をクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

あなたのお子さまは、
男の子ですか?女の子ですか?

「いのちのお話」をこれまでは、
3歳以上低学年向けに行っていました。

今回は、私自身の子供たちの成長もあり、
いち母親として、学び直しています。

女の子の身体のこと。
何となく自分も経験してきたから
わかっているような…。

改めてきちんと学ぶとね、
自分の身体がなんだか愛おしい♡
もっともっと自分を大事にしてあげなきゃなって^^

ではでは、男の子は?

男の子のことはわからない!?
だから旦那さん任せ???

ホントに任せちゃって、大丈夫ですかーーー?

わたし自身が今、
3年生の男の子の母でもあります。

息子にしっかりと私自身でも伝えたい!!

今この講座を準備する中で、男について、知ることたくさん(笑)

「へー、ほー。」とつぶやきながら(笑)。
ホントに知らないことがたくさん!!
いろんな書籍をまとめています。

女の子もお男の子も…。
自分のこと、どれだけ知っている?
学ぶ場はどんな時?

学校では、
生理のこととかって、
女の子だけ集めて。。。
っていう記憶ありませんか?

分けて行うのって、
なんだかやっぱり引っかかる。

いろんな考えがあると思うんですが、

男の子は、女性の身体のことって知らなくていいのかな?

女の子は、男性の身体のことを知らなくていいのかな?

そんな風に思えてしまいます。

私も、正直あんまりよく知らずにいたけど。

「へー、ほー。」と学びながら、
「絶対に知っておくほうがいい!!」
と確信してます。

学校でどんな説明がされているか、
まだ私もよくわかっていません。

男の子も、女の子も、今だから親子で聴ける!

6年生とかだともしかすると、
一緒に来てくれないかもしれませんね。

でもでも、やっぱり親子で聴いてほしい。

親子で聴くからこそ、
同じ情報をもとに話ができる!!

学校で学ぶかもしれないけど。
私が大事にしたいのは、

共通の情報をもとに
親子で、話せること!

ご家庭で、一緒に話してほしいのです

科学的に、身体の変化をとらえる。
今ここにいる自分。命を感じる。

子どもたちが、
これから迎える思春期に、
少しでも穏やかに過ごせるように願って♡。

今一人であれやこれやとどう伝えるか、
どんな言葉を届けるか…。
頭の中はぐるぐるしています(笑)。

ぜひぜひ、親子でご参加いかがですか?

男の子にも女の子とのこと!
女の子にも、男の子のことを!

もちろん自分の身体のことも!!

そして、そして、そ・し・てっ!!!

お母さんもね、
男の子であろうと女の子であろうと
我が子のことをしっかりと知ることが
大事なのではないかなと
改めて感じています。

◆募集中のクラスのご案内◆

8/6(月)いのちのお話(小学生3~6年生向け)

 

申し込み

ママとベビーの【ほっこり安心できる居場所】
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子