あなたが苦しんでいるなら、思い切って勇気を出して、涙してでも吐き出してみませんか?

こんにちは!助産師の宮﨑順子です。
(緑の文字をクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

助産師じゅんこは、病院勤務時代多くのお産にかかわらせていただきました。

直接じっくりかかわるお産。勤務交代して、自己紹介もままならずかかわるお産。
直接ではないけど、サポートでかかわるお産。
帝王切開で、オペ室でかかわるお産。

幸せいっぱいのお産もあれば、とてもとても悲しい、苦しいお産もあります。

お産って一言で言っても、一つとして同じお産はありません。

お産が良くも悪くも、女性の人生を変えてしまう出来事になることもあります。
そんな大げさな!!そんな風に思う方もいるかもしれませんが、事実としてあるんです。

お産は、本来、評価するものではないですよね?

でも、現実として傷ついている女性もいます。

もしね、あなたがあなたのお産を振り返る機会がなかったなら、ぜひどこかであなたのお産を語ってみてほしいなと思います。
聴いてくれる友達でもいいです。

心にぐっととめておくのも、時にあってもいいと思う。
でもあなたが苦しんでいるなら、思い切って勇気を出して、涙してでも吐き出してみませんか?

にぎにぎCHU助産院では、お産を語る会を開催しています。

友達じゃなく、一度きりのメンバーかもしれません。
だからこそ話せることもある!と感想もいただいています。

こちらのお産を語る会、5月15日(月)10:00-11:30にお二人参加いただけます。

申し込み

浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子