液体ミルクが発売になりましたね。

液体ミルクは、必要な方にはとっても大切のものとなるのだろうなと思います。

夜間の疲れているときに利用するのも。
もちろん災害時には大いに役に立つと思います。

ただネットでは、いろいろ賛否があるようですね。

 

私は、母乳育児の支援をしてはいますが、なかなか記事として母乳について書くことはありません。

その理由の一つは、とにかく母乳育児がお母さんにとって、とっても繊細なものだと考えているからです。

文字から伝わる言葉は、受け手によって誤解されることがあるのも経験してきています。

お母さん一人ひとりには背景があって、一見同じようなケースに見えても、全く同じように対応できることが少ないこともこれまで経験しています。

やはりお会いして、お母さんとお子さんの様子を聞いてみてその時に最適な方法をお伝えすることが必要だと思っています。

最近、液体ミルクの発売のニュースを見ていて、必要のない方にも、ミルクがあたかも必要に感じさせてしまうような報道には少しざわざわしています。

決して母乳がすべてという考えはないです。

ただ、必要ないのにお母さんの不安からミルクを使用している方も少なくありません。
必要ないのにミルクを足していると、母乳の分泌は下がってきてしまいます。

お母さんたちが母乳育児の不安が軽くなるように、私たち助産師や専門家はいます。

不安に感じることがあれば、専門家に相談してくださいね。

母乳育児支援の難しさも改めて感じているここ最近の助産師じゅんこです。