『自分を生きる』ために大切なことって何だろう。【いのちのお話(性教育)】

こんにちは!助産師の宮﨑順子です。
(緑の文字をクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

「家庭」で伝えるいのちのお話(性(生)の健康教育)の1回目の講座を開催しました^^

赤ちゃんを連れてのご参加もあり、お付き合いしてくれた子どもちゃんたちもありがとう。

性教育っていうと、オープンではない文化がありませんか?

海外に比べても、遅れている日本の現状。

「性教育後進国」
と言われているのが、日本。

時代も変わり、私が子供だった頃とは全くと言っていいほど、違う環境で生きている子どもたち。

どんな環境であっても、『自分を生きる』ために大切なことって何だろう。

自分が愛されている♡
大切にされている♡
このまんまでいいんだ♡

そんなことを感じられることが土台になっていくんだろう。

そのために何ができるでしょう?
今できること、考えてみてください!!

1回だけでは、まだまだ話したりない(笑)

参加者さんに一つでも、心に届く講座になっていると嬉しいです。

「『旦那さんとの共有してみて、どんな反応だった?』を言うのを、『それぞれ聞いてみたい!』」

という声がありました^^

次回、みんなで話しましょう!!

あと、せっかく講座を受けてくださったので、ぜひとも!

今できることを始めてみてくださいねー。
ワンアクション!!
動いてみてね~。

次回の2回目は、9月26日(木)です。

申し込み

ママとベビーの【ほっこり安心できる居場所】
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子