もしもし、万が一、被害者になることがあったら…。【「家庭」で伝える性(生)の健康教育】

こんにちは!助産師の宮﨑順子です。
(緑の文字をクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

乳幼児期から「家庭」で伝える性(生)の健康教育。
第2回目。ワイワイ…お話しました。

2回目には、性犯罪のお話も。

自分の子が被害者にならないために。
もちろんね、加害者にもならないために。

なんとなく手が当たっていたな。
露出している人・・・遭遇しちゃったことあるな。
その触れ方、いやだなって不快に感じたな。

お母さんにどれだけ報告していたかな?

今思えば、あれって?
あなたも経験ありませんか⁇

もしもし、万が一、被害者になることがあったら…。

被害届を出せるかな?
その被害の程度にもよるのかもしれませんね。

本来は、小さなことでも、通報したいところなんですが。
それは、次の被害者を出さないためでもあるんですね。

だ・け・ど。
実際には、あれこれ聞かれる。
手間と時間がとられてしまうのも事実。

根掘り葉掘り聞かれるのも、耐えられるかな。

「もういっか…。もういいやっ!!」
って気持ちになってしまうのかもしれない。

あなただったら、どうでしょう?

理想と現実。

 

申し込み

 

ママとベビーの【ほっこり安心できる居場所】
浜松市北区 母乳と子育てのかかりつけ相談室
【にぎにぎCHU(にぎにぎちゅ)助産院】
宮﨑順子